内視鏡センター

内視鏡センター

内視鏡センターの特徴

日本消化器内視鏡学会指導施設に認定されており、豊富な経験を持つ指導医、専門医が内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ、胆・膵内視鏡)および治療を行っています。

内視鏡センター お問合せ:04-7171-2562

■検査のご予約

 胃・大腸内視鏡(カメラ)検査は1週間以内に実施致します。緊急時などや病状により、外来受診当日に実施することも可能です。

■苦痛を軽減した検査の実施

 以前に胃や大腸の内視鏡(カメラ)検査を実施したけれど辛かった、初めてで心配である、などの方は下記の方法で苦痛の軽減が可能です。
・胃:ご希望があれば細い内視鏡スコープを使用した経鼻内視鏡や鎮静剤使用が可能です。
・大腸:鎮静剤使用や入院での検査が可能です。
 ※鎮静剤使用:注射(静脈麻酔)をして不安を軽くし、うとうととした浅い眠りの状態(意識下鎮静)の間に検査を行います。

■内視鏡による治療

・早期胃癌:内視鏡的粘膜下剥離(ESD)または粘膜切除術(EMR)
・早期大腸癌・大腸腺腫(大腸ポリープのうち最も多いもの):内視鏡的粘膜切除術(EMR)または大腸ポリープ切除術(ポリペクトミー)
・吐血、下血、血便などの消化管出血:内視鏡的止血術
・急性胆管炎や閉塞性黄疸(総胆管結石、胆管癌や膵癌など):胆膵内視鏡(ERCP)、内視鏡的乳頭切開術、胆管結石除去、胆管ステント挿入など
・何らかの理由で経口摂取が困難な方に対する経腸栄養目的:内視鏡的胃瘻造設(PEG)と胃瘻チューブ交換
・消化管異物(義歯、魚骨、薬のPTP 包装シートなど):内視鏡的異物除去術

■ピロリ菌検査

・胃内視鏡(カメラ)検査でピロリ菌感染が疑われた場合は、血液検査でピロリ菌の有無(ピロリ菌抗体)をチェックします。必要があれば便や呼気などでの検査を行う事もあります。
 ※ピロリ菌が感染している状態では胃癌発生のリスクが高いため、ピロリ菌が陽性の方には除菌療法(内服治療)をお勧めしています。

内視鏡センター医師担当表

検査 診療時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
上部内視鏡 09:00 ~ 12:00 三輪/木口 齋藤 紅露 齋藤 三輪
赤坂
初谷(1,4週)
赤坂
大腸鏡 14:00 ~ 17:00 紅露 三輪/藤田 担当医師 三輪/森田 赤坂
初谷(1,4週)