リハビリ通信

記事一覧

第90回 助手のつぶやき ~パート8~

ファイル 95-1.jpgファイル 95-2.jpgファイル 95-3.jpg

こんにちは!
 
最近は、日没時刻が遅くなり、17時を過ぎても明るくなってきましたね。

時間は同じなのに、外が明るいと気持ちに余裕がでるのは不思議です。
 

そろそろタンポポやつくしが芽を出し、桜の花も見られる様になるのが今から楽しみです!\(^o^)/♪
 

3月に入り、日中も暖かくなって来ましたが、まだ朝の冷え込みがありますので、体調管理には気をつけて下さい。

寒い時にはカイロを使用している方もいらっしゃいます。

腰にカイロを貼って、リハビリに来る方も多く見かけます。
 

リハビリでは患部を温める事を“温熱療法”といいます。φ(..) ( ..)φメモ

痛みのある部分を温めて、硬くなった筋肉を柔らかくしてから運動をします。
 

カイロを貼ってくる患者様は、皆さん口を揃えて「温めるとすごく楽になります!」と言われる方が多いです。

慢性の腰痛などには、温湿布やカイロで筋肉をほぐし、血行を良くして痛みを和らげてくれます(*^_^*)
 

低温やけどに注意して上手に使えば、身体も楽になりますよ!(>ω)=☆
 
まだ寒い日がありますが、お風呂に入ってよく温まり、日頃から首や肩、腰など冷やさない様にしましょう(*>ω<*)
 
次回更新は4月1日です!

第89回 運動のすすめ

こんにちは! 

朝晩はまだまだ冷えますね(*_*;

でも、菜の花やミモザの花も咲き始め春が近づいてきたなと感じます。

今回は「運動」についてです!
 

私たちの生活は機械の発達により楽になり、移動手段も便利になるにつれ歩くことが減っています。

つまり運動する機会がとても減っており 運動不足といえる状態の人が多いのです(+_+)。。。

そこで、これから暖かくなる季節、身体も動かしやすくなるので生活のなかに運動をとりいれてみませんか??(≧▽≦)
 

運動を行うことでの良い点ってどんなことがあるでしょう?

老化の予防やダイエット効果 生活習慣病の予防 ストレス解消 持久力の増進 骨や関節を強くするなど、

多くの効果がありますφ(..) ( ..)φメモメモ
 
“運動したほうがいいよなぁ。。。”とわかっていてもなかなか始められない、

長続きしないという方も多いのでは・・・σ(・_・;)ワタシ?

まずは、日常生活のなかでできる自分にあった運動をみつけて始めてみましょう!

例えば・・・
  最寄りのバス停より一つ手前で降りて歩く
  エレベーターやエスカレーターをなるべく使わず、階段を使う
  テレビを見ている時に足の運動をする、お腹に力をいれて姿勢を正す
 など

生活の行動を少しかえるだけでも運動になります(^_^)/
 
大切なことは続けて行うことです!

目的はひとりひとり違います。

出来ることから、自分にあった運動、運動量で行っていきましょう(^^♪

義務ではなく楽しみながら行える事、はりきり過ぎない事が長くつづけるコツです!
 
リハビリ通信では筋トレやストレッチなど運動の方法を紹介しています。

ぜひご覧ください(>ω)=☆
 
次回更新は3月15日です!

第88回 自宅でできるお尻ストレッチ -お尻の筋を動かそう-

ファイル 93-1.jpgファイル 93-2.jpgファイル 93-3.jpg

こんにちは(^^♪

今回のブログ更新日は2月15日!

男性の皆様、昨日はチョコレートGetできましたか(≧▽≦)

私は、(T_T)←こんな感じでしょうか…(苦笑)
 

さて!!気を取り直して、久しぶりのブログ担当!

はりきって書きますね~φ(..)

第88回目はお尻のストレッチについてです(*>ω<*)
 

最近知り合いからよく聴かれる言葉…

まだまだ寒い日が続き、どうしても身体が硬くなりがちです…(>_<)

最近、私のまわりでは「お尻や太もものあたりが痛い」「足が痺れるときがある」

「坐骨神経痛になったみたい」なんて声が聞かれるようになりました。

以前は若く活動的だった友人達からこんな言葉が聴かれるとは…(@_@;)

考えられる原因は様々ですので、まずは医師の診察が重要になりますが、

もしかしたらお尻のストレッチで予防できるかもしれません。
 

お尻の筋肉を動かしてみよう

お尻の筋肉といえば『大殿筋』や『中殿筋』という名前を聞いたことがあるかもしれませんが、

今回は『梨状筋』(りじょうきん)という筋肉にスポットを当ててみたいと思います。

梨状筋は大殿筋・中殿筋などよりも深部にあるインナーマッスルです。

働きとしては、主役のキャラクターというよりはどちらかというと補助的に働く脇役といった感じでしょうか(*^_^*)

しかし、脇役といっても、その下には坐骨神経が通っているため、

この筋肉が硬くなってしまうと坐骨神経が圧迫されて痛みや痺れの原因に…Σ(O_O;)

脅かすつもりはありませんが、気になる人は写真でアップしたストレッチを

是非試してみてください(^_^)/
 

くれぐれも無理はせず、出来る範囲内でゆっくり、少しずつおこなってくださいね(*^_^*)

詳しく知りたい方はスタッフまで(^^♪
 
 
次回更新は3月1日です!

第87回 冷え・むくみ改善!

ファイル 92-1.jpgファイル 92-2.jpgファイル 92-3.jpg

みなさん、こんにちは!

最近、ますます寒さが厳しくなってきましたね(>m<;)

暖かい部屋でぬくぬくと過ごされている方も多いのではないでしょうか?
 
寒くなると筋肉が硬くなり、全身の血流が悪くなって、冷えやむくみの原因となります。

そこで、今回は下肢の冷え・むくみに対する運動をご紹介したいと思います。
 

血流が悪くなる原因

年齢を重ねると、背骨は曲がり、膝も曲がり…と姿勢がどんどん崩れていきますよね。

その姿勢の崩れで筋肉のバランスも崩れ、血液やリンパ液が末梢(手足の先)で停滞してしまい、冷えやむくみに繋がります。
 
下肢のポンプ筋!

下肢の血流を良くする筋肉は腓腹筋やヒラメ筋(ふくらはぎ)です。

これらが上半身へ送るポンプ機能の働きをしており、第二の心臓とも言われています。

この筋肉の働きを改善し、ポンプ機能を働かせることが、冷えやむくみ改善のポイントです。
 

<腓腹筋・ヒラメ筋エクササイズ!>

1、椅子に腰掛け、足首から10cmくらい上の辺り(ふくらはぎのこぶの下辺り)を反対の脚の膝に当てる。

2、膝に当てたまま足首を左右に5回ずつまわす。 反対側も同様に行う。

3、足裏の中央あたり(土踏まずより少し外側)を押しながら、足指のグーパー運動を10回行う。

※グーパーがうまく出来ない人は片手で足裏を押しながら反対側の手で指を開いたり、閉じたりしてもOK!

 
むくみの原因は、食生活の偏りや心臓・腎臓等の病気から来るものなど様々です。

一つの改善策として、参考までに実施してみてください!
 
  
次回更新は2月15日です!

第86回 自宅で簡単☆背中美人!

ファイル 91-1.jpgファイル 91-2.jpgファイル 91-3.jpg

こんにちは!お正月から早2週間が経ちましたね^^

 

おせち、お雑煮、こたつ、みかん・・・・・

 

「お正月太り」・・・なんて言葉が思い浮かぶ方もいるのではないでしょうか?

 

そんなウエスト周りが気になるあなたに、手軽にできる筋トレをご紹介していきたいと思います☆☆☆

 

さて、お腹周りやウエストと聞くと、腹筋を思い浮かべることが多いと思いますが、

 

今回は背中の筋肉に目を向けていきます!

 

背筋を鍛えることで、猫背などの姿勢が改善され、お腹も引っ込みます。

 

また背筋は大きい筋肉なので、鍛えると基礎代謝もアップすると言われています。

 

1、うつぶせで

①うつぶせになり、両手足を伸ばします。(写真①)

 

②息を吐きながら、交叉する手足をゆっくり持ち上げ3秒間キープします。これを5回行います。

 

反動をつけたり、手足を高く上げすぎると、腰を痛めるおそれがあるので、

 

なるべくゆっくり、手足は低い位置で止めましょう。また呼吸を止めると血圧が上がってしまうので、

 

呼吸は止めないよう注意しましょう!

 

2、四つ這いで

①四つ這いになり、お尻を突き出すようにして顔をあげます。(写真②・③)

 

②息を吐きながら、ゆっくり体を上に反らし、5秒キープします。これを5回行います。

 

お尻を引っ込めてしまうと腰から反る形になり、腰に負担がかかるので気をつけましょう!

 

筋トレは無理をしない程度で行いましょう^^ 

 

次回更新は21日です☆

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
 
本年もリハビリテーション科、
“リハビリ通信”を宜しくお願い致します。
 
 
次回は1月15日更新予定です!

今年も一年ありがとうございました!

ファイル 89-1.jpgファイル 89-2.jpg

12月も後半に入りましたが、体調はいかがでしょうか。

朝晩の冷え込みと日中の乾燥に襲われる日々・・・

体調管理をしっかりとしていきましょうo(`д´ 。)ヵ゛ンハ゛レ
 

2015年も残すところ半月となりました。

病院も移転後3年目となり、月日が経つのがホントに早く感じます。

先日はTV出演も果たし、ますます地域の方々から頼られる存在でありたいと願い、

努力してまいります!(●≧ェ≦●)
 

これから年末年始にかけて忙しくしていらっしゃる方も多いと思います。

クリスマスやお正月の準備など楽しいことも多いですが、

みなさんついつい頑張りすぎて、「痛くなってしまった(@_@;)」

なんていうことにならないように気をつけてくださいね!(>ω)=☆


寝正月になって体重を増やさないようにご注意願います(笑)
 
今回をもちまして、年内のリハビリ通信は最後の更新となります。

今年一年のご愛読、ありがとうございました。


これからもみなさまの役に立つ情報や、疑問、相談などにもお答えしていきたいと思っています。

今年も一年お世話になりました。来年もよろしくお願い致します。
 
 
 
~年末年始のリハビリテーション外来診療のお知らせ~
12月29日(火) 午前のみ診療
12月29日午後~1月3日 休診
1月4日(月)  通常どおり診療
 
 
次回は1月5日更新予定です!


 

第85回 声の衛生

ファイル 88-1.jpgファイル 88-2.jpgファイル 88-3.jpg

こんにちは!いよいよ2015年も年末が近づいてきました~|д゚)

年末になると同時に忘年会シーズンの到来です!

飲みすぎ、喋りすぎ、そして飲みすぎ、はしゃぎすぎ、寝不足…と、

楽しい飲み会のあとは疲労が溜まりやすくなります。

そして喉の調子も崩しやすくなります。

そこで今回は「声の衛生」についてのお話をしたいと思います。

「声の衛生」とは、声帯に悪影響を及ぼすような生活環境や習慣を避け、

声帯に負担をかけずに声を使う習慣を身につけることを言います。
 
まず、声に悪影響を及ぼす要因として挙げられることは…
 ①長時間話し続ける(長話)
 ②大声を出す、叫ぶ(電話、騒音下で話をする、離れた所から話しかける)
 ③無理な声の高さで話す、笑う(カラオケ)
 ④空気の汚れと乾燥(喫煙)
 ⑤寝不足や過労、精神的ストレス

などが挙げられます。

そのため“お酒を飲みながら喫煙し大きな声で笑い話をする”といった行為は

声の衛生から考えると喉・声にかなりの悪影響を及ぼしていると言えます。

では、上記の要因に対する対策としてどのようなことが出来るかというと…

 ①・②・③に対して:話し手だけでなく聞き手に回る、静かな場所で話をする、
          話し相手と近づいて話をする、楽に出せる声を出す

 ④に対して:水を飲む、加湿器を使用する、マスクをする、換気する、禁煙

 ⑤に対して:休息をとる、風邪の予防、ストレス発散

などが挙げられます。

当たり前と思われることもあれば、すぐには難しいと思われることも含まれています。

すぐに取り組みやすいことから行うことを心掛けて頂きたいと思います。
 
 
最後に11月は例年に比べ暖かい日が多かったですね。

12月に入ると寒さが増していくと思います。

皆様インフルエンザをはじめとした病気に負けないよう体調管理に努めていきましょう☆
 

次回更新は12月15日です!

第84回 セラピストのつぶやき(番外編)

ファイル 87-1.jpgファイル 87-2.jpgファイル 87-3.jpg

11月も半ばになり、日に日に寒さが増してきていますが、みなさん体調はいかがでしょうか?

少しずつ風邪がはやり始め、インフルエンザのニュースも耳にするようになってきました(@_@;)

うがい、手洗いを心がけ、体調を崩さないように十分に気をつけてください!
 

さて今回は、番外編です!

タイトルの”つぶやき”と聞くと、「助手のつぶやき」が定番(!?)ですが、

今回はセラピストがつぶやかせていただきます(^_^)/
 

今回は改めて
リハビリ室の紹介をしたいと思います♪

当院のリハビリ室は、最上階の5階、レストランと同じフロアにあります。

来た事がある方や、通われている方はご存知と思いますが、


室内は大変明るく、また非常に見晴らしが良くなっています☆

患者様からも、「ここはとても明るいから、来るだけで元気になる!」と嬉しい言葉も頂きました☆★☆

私たちもこのような環境で皆さんと接することができ、とても幸せです♪
 

室内を奥に進むと”
リハビリ庭園”があり、季節に応じたお花や野菜を育てています(*^_^*)

リハビリ終了後に庭園内をお散歩する事も多く、患者様からお花や野菜の育て方を教わったり、

また一緒に収穫をすることもあります!\(^o^)/
 

これから寒くなり冬に入ると、天気のいい日には室内からなんと富士山を見ることができます!!

朝早い時間と夕方に姿を見ることができますので、その時間にリハビリに来られた方はラッキーですね(≧▽≦)☆

また入り口付近や隣接のカフェ、レストランからはスカイツリーを眺めることも出来ます。

5階に来られた際には是非見てくださいね!(>ω)=☆
 


※リハビリ室に来られる際は、患者様の訓練の妨げにならないようご注意願います

リハビリ庭園は開放時間14:00~16:00となっております。

雨天時、日曜・祝日は開放しておりません。
 
 
次回更新は12月1日です!

 

第83回 痛みは気持ちに左右される!?

ファイル 86-1.jpgファイル 86-2.jpgファイル 86-3.jpg

こんにちは!

朝晩寒くなり体調をくずす人も多くなっていますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

寒くなってくると、「寒いと膝が痛くなるのよね~」とお話をする人が増えています。

しかし、気持ちにより強くなったり弱くなったりするのをご存知でしょうか?
 
今回は、痛みについてお話をしたいと思います。


痛みに対して強い人と弱い人がいます。

痛みの強さを決定しているのは脳にある前帯状回(ぜんたいじょうかい)といわれる部分が大きく関係していると言われています。

前帯状回とは、意思決定、共感や情動に関わっており、主観的な痛みの強度にも関係していると考えられています。

ですから、前帯状回がたくさん働いている人は痛みに敏感になってしまいます。


これとは逆に痛みに対して強い人もいます。

1、痛みを受け入れ、うまく痛みをコントロールしている人

2、運動をしている人

3、活発に社会と関わっている人

以上の人たちは痛みに対して強い傾向があります。

1、痛みを受け入れている人は、痛みに対して気持ちの準備が出来ているので、痛みに対して強くなっています。

2、運動をしている人ですが、運動をする事により、前帯状回の働きが抑えることが出来る為、痛みが軽減します。
  (病気や怪我になったばかりのときは、運動は控えてください)

3、活発に社会と関わっている人ですが、社会に役に立っていないと感じている人は、

前帯状回の働きが活発になり、痛みが強く感じてしまいます。

ですから、外に出て色々な人と関わっていく必要があります。

 
常に痛みのことを考え、家に引きこもり運動をしない人は、いつまでたっても痛みが継続してしまう傾向にあります。

ポジティブな人は痛みに対して強いということになります。

考え方一つで、痛みが強くなったり弱くなったりしてしまうことがあるということです。

これからはみなさんもどんどん外に出て運動をしていきましょう!

*ポジティブになれば、痛みがなくなる訳では有りませんので注意して下さい。
 
次回更新は11月15日です!