リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, ,ロレックス時計スーパーコピー ,シャネル時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,カルティエ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー

リハビリ通信

記事一覧

第12回 肥満の予防に!

前回の“スロー筋トレ”はいかがだったでしょうか!?

実践してみましたか??

これからもみなさまの役に立つ訓練方法をご紹介していきますのでお楽しみに


さて今回は「肥満の予防」について、リハビリの観点から少し触れてみたいと思います。

今日からすぐに出来る予防法もお話しします。


一般的に肥満というと、「体重が増える」、「お腹が出てきてしまういわゆる”メタボ”」

といった外見の変化をイメージされると思います。

では身体の中ではどのような変化が起こっているのか考えたことはありますか!?


肥満により内臓脂肪が増えていきます。

それに伴い基礎代謝量が低下し、結果として糖尿病・高血圧症といった生活習慣病にまで発展してしまいます。

人間は年齢を重ねていくと若いころに比べてどうしても活動量が少なくなってしまうため、

自然と基礎代謝量は低下してしまいます。

そこに肥満という要素が加わることで更なる悪循環が生じてしまい、

生活習慣病のリスクを高めてしまうのです。。。


肥満でない人と肥満の人の疾患別リスクを比較すると、

なんと糖尿病は5倍高血圧症は3倍のリスクがあるといわれています。これは大変


肥満の予防、対策として重要なのは、

こういった現状、ご自身の身体の状態をしっかりと理解する
      

危機感、恐怖感を持つ
      
食事・運動を大切にする

ことを私たちは強調したいと思います!!


食事に関しては、やはり和食が一番低カロリーで身体に最適とされています。

洋食はどうしても味が濃くなりがちで、カロリーが高いものが多くなってしまいます。

また和食でも、揚げ物はなるべく避けた方がいいといわれています。

そして大事なのは、よく噛むことです。

飲み込む前に「あと回」噛んでから飲み込むようにしましょう。

多く噛むことで満腹中枢が刺激され、過食を防ぐことが出来ます。


併せて飲み物に関しては、「お茶・お水」を勧めます。

ジュースや炭酸飲料などには大量の糖分が含まれており、脂肪の増加や糖尿病の要因になってしまいます。

糖分カットと書かれている製品であっても、スティックシュガー1~2本分の糖分が入っているものも多くあります。

飲みたい気持ちを少し我慢して、お茶・お水を取るようにしてみてください。


そしてやはり大事なのは運動

運動は残念ながらどうしても避けてしまう傾向にあります。…

最適なのはウォーキングが一番ですが、「わかっているのだけど…」といわれる方も多いと思います。

そういう方は、「スロー筋トレ」を今すぐ実践してみましょう

運動量はあまり多くはありませんが、”運動する習慣”がとっても大切です。

これを機会に、運動する習慣をみなさん作っていきましょう。


今回はここまでとさせていただきます。

次回更新は10月15日(月)を予定しています