リハビリ通信

記事一覧

第102回 何回練習すれば良いのか?

ファイル 107-1.jpgファイル 107-2.jpgファイル 107-3.jpg

こんにちは!

朝晩も涼しくなり過ごしやすい季節になってきましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
 

運動しやすい季節になってきましたが、病院ではたくさんの方がリハビリをがんばっています。

リハビリ中に、「ここ(病院)では良い姿勢で歩けるけど家に帰るとついつい背中が丸まっちゃうのよね」

「どれくらい練習すれば意識しなくても出来るようになるのかな?」等の発言をよく耳にします。

リハビリ中はしっかり出来ても家に帰ると忘れてしまうことが多いようです。
 

では、いったいどれくらい練習すれば普段の生活でもできるようになるのでしょうか?
 

脳梗塞の患者様対象の研究結果では1回の練習で420回以上行なうと、日常生活で使用頻度が増加していくそうです。

また、1000回以上で安定して使用していけるそうです。

反対に420回以下ですと使用頻度は減ってしまうそうです。
 

えー!そんなに?と思う方が多いと思います。

なかなか、一度に420回なんて難しいと思います。

回数を少しでも減らす為には、意識することとフィードバック(練習後にしっかりできたか自分や他人に評価してもらうこと)が大切になります。

そうすれば、なにも考えずに繰り返すより早く日常生活で使用できるようになります。
 

日々継続、反復練習が大切ですので、みなさんも無理をなさらない程度にがんばってみてはいかがでしょうか?
 
それではまた次回、See you!!
 
次回更新は10月1日です!