リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー

リハビリ通信

記事一覧

第4回 理学療法紹介②

ファイル 4-1.jpgファイル 4-2.jpgファイル 4-3.jpg

こんにちは、リハビリテーション科です。

今回も前回に引き続き、理学療法の紹介をしていきたいと思います。


前回お伝えした通り、当院の理学療法士は主に外来患者様を担当する者、入院患者様を担当する者に分かれております。

外来患者様の理学療法は、主に整形外科系疾患が多く、症状として首・肩・腰・膝の痛みや動かし辛さを訴えられる方が多くいらっしゃいます。

これらの症状に対して、何が痛みの原因となっているのかを評価し、痛みを出来るだけ軽減させたうえで、弱っている筋力を強化する運動を行っています。

運動は患者様の年齢・体力などに合わせて、寝たままで出来る簡単な運動からゴムチューブや重りを使った負荷の大きい運動まで段階的に行っています。

併せて痛みをおこさないような日常生活動作の指導、自宅で出来るストレッチや筋力強化トレーニングの方法も指導しています。

また、「杖や歩行器はどんなものがいいの?」

「自宅でベッドから車いすに乗り移るときや歩くときにどうやって介助すればいいの?」

「自宅ではどんなリハビリをすればいいの?」

といった介護されているご家族からのリハビリに関する様々なご相談にも丁寧に説明致します。


入院患者様の理学療法は、当院では主に脳血管疾患や内科系疾患が多く、脳卒中のような手足の麻痺があらわれてしまったり、

食欲低下、脱水、肺炎などの内臓の病気に伴う全身的な体力低下の患者様が対象となっています。

医師・看護師と連携を取り、入院する以前の患者様の日常生活に少しでも近づけるようにリハビリを進めています。

患者様の状態を見ながら段階的に、「起きる」「座る」「立ち上がる」「歩く」といった基本動作の練習を行っていきます。

始めは病室で、車椅子に長く座っていられるようであればリハビリ室で、十分歩けるようであれば屋外歩行訓練にも行きます。

当院自慢のガーデニングを一緒に散策しましょう。

以上のように、私たち理学療法士は患者様の状態に見合ったリハビリを提案し、訓練を進めています。

何か分からない事がございましたら、いつでも気軽にご相談下さい。

今回はここまでとさせていただきます。

次回更新は、6月15日(金)を予定しています。